• 山の楽校文化祭2018(仮)
    ただいま出展者募集中!

    クラフト出展者募集中!

    青森県八戸市 南郷にある山の楽校の魅力を活かした「クラフト展」を新しい南郷の魅力の一つとするため、開催することになりました。

    ■クラフト出展応募締切
    2018年8月17日(金)消印有効
    ■山の楽校文化祭 開催期間
    2018年11月10日(土)9:00~17:00
    2018年11月11日(日)9:00~16:00
    ■会場
    山の楽校(八戸市南郷大字島守字北ノ畑6-2)
    ■主催
    山の楽校文化祭実行委員会
    ■共催
    八戸市

    詳細・お申し込み用紙のダウンロードはこちらの記事をご覧ください。

焼畑農法「あらきおこし」

「森を育てるために山を焼く・・」 焼畑農法「あらきおこし」は、 南郷では当たり前のことだったせいか、詳しい文献や書籍はほとんどなく 80歳近い南郷の古老から学び、知恵を授かり、復活することができました。 手間暇かかるわりに収穫が少ない非近代的な農法ですが、 無農薬・無肥料で育てた焼畑の作物は、どれも作物本来の甘みがあり格別です。

更に詳しく

楽校のそば屋

焼畑「あらきおこし」の5年目、最後の年に「蕎麦」の種を蒔きます。 ずば抜けた甘みが特徴の「階上早生」は、焼畑で育つとさらに甘みを増し、 お母さんたちの手によって、殻や甘皮も一緒に引き込んだ「挽きぐるみ」の 真っ黒な十割そばに仕上げられます。 焼畑でとれた作物をはじめ、地域の食材を加えた山菜の惣菜など 南郷で暮らす人たちが、昔から食べてきた「健やかな力の源」を味わえます。

更に詳しく

愛情の手作り商品

昔から保存食文化がある南郷では、秋に収穫したものを何日も軒先に吊るし、冷たい風に当て乾燥させて保存。それは、長い冬を暮らす一つの知恵でした。時間と手間をかけ、育てあげた作物を昔ながらの製法で、さらに愛情たっぷりにおいしく仕上げました。また、古い布…

更に詳しく

体験メニュー

大自然の中「体験は人を創る」を合言葉に、本物の田舎暮らし、 古き良き伝統を体感できる、世代を問わない学び舎。 ガハハと笑顔で迎えてくれる人生経験豊富な地元のおばあちゃん先生たちの 暮らしの知恵、そして昔ながらの手法や技法には、驚かされることばかり…

更に詳しく

田舎レシピ

私たち日本人の食生活は、米を主食にして、野菜・芋類・魚介・海草類などを副食とするスタイルを長く続けてきました。この伝統的な日本型食生活はカラダに必要な栄養素をたっぷりと含んだ理想的なかたちです。

更に詳しく

あしたの楽校プロジェクト(サポーター募集)

「あしたの楽校」プロジェクトは、サポーター制度。「山の楽校」というロケーションを活かし、世代を問わない学びの場を提供し、地域に残る知恵を伝承する活動を通じ、高齢者の活躍と、人々の交流を促します。

更に詳しく

山の楽校 facebook
南郷アートPROJECT
八戸観光Navi
八戸市